織田富勝

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索
織田富勝第8代校長

織田富勝 (おだ) は第8代校長

1972年4月 新宿高校校長から本校校長に転補。

1975年3月退職。

経歴

大阪府池田氏出身。早くから教師という職業にあこがれていた。師範学校は月謝不要というのも魅力だったようだ。妻とは学生時代に知り合ったが、母親が勉学の身で恋愛することに反対し、卒業の一年前に結婚の許しがでた。

エピソード

昭和44年の新宿高校での学校紛争への対応には苦慮し、自分の教員としての資格を疑い、自信を失ったこともあったと回述している。

酒好き

酒好きで知られており創作第91号(昭和47年6月30日発行)の取材には次のように答えている。

「徹夜で飲みながら仕事をしたもんだ。30代後半がピークで、一時間で一升ぐらい飲んだろうか。酔って失敗したこととなると、ありすぎて困るくらいだ。帽子やカバンを忘れたことは、しょっちゅうだった。そういう意味では、ぼくは、未完成の標本みたいなものだよ。」

「仲間と飲んで酔いおくれたらなかなか酔えない。先に酔った方が勝ちなんだ。残った方がふろしきで傘やカバンを身体に縛りつけてやって、家まで送って行く。奥さんに引き渡すまで責任をもつ。キビシイ友情だ。鍛えられたなあ。酒によって人生のほろにがい味を知った。30代後半に肺結核になった時、ぼくが酒代に貸していてすっかり忘れていた金を、友だちが集めてきてくれた。あの時は酒ぎらいだった女房も酒を見直したものだ。」

関連項目

前任 在任 後任
井上義夫

1972年度 (昭和47年度)

1973年度 (昭和48年度)

1974年度 (昭和49年度)

清水勝太郎