行事週間

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
2016年8月12日 (金) 21:37時点におけるKoishikawa Admin 11 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

行事週間(ぎょうじしゅうかん)は、芸能祭体育祭創作展の三大行事を実施する期間に対して付けられた名称である。

この名は本校独特のものであり「短期間に小石川高校の三大行事を行う」という生徒の思いつきからつけられたらしい。そして、大正9年に前述の3つの行事が行われた時に初めて用いられました。しかし、その後三大行事がそろって行われる年はほとんどなく、これらが一斉に行われるようになったのは昭和28年以降のことです。さらに、昭和45年以降行事週間中には授業をせず、生徒が専心できるような環境が整えられ現在に至っています。

行事週間では、毎年「立志・開拓・創作」の三校是と「自由」を掲げて諸行事に取り組んでいます。また諸行事は生徒の自主性の尊重に基づき、生徒自治の形がとられています。生徒はそれぞれ「秩序」と「責任」を持ち、より良いものの創造をめざして一生懸命取り組んでいます。