澤登哲一

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
2014年8月4日 (月) 09:39時点におけるKoishikawa Admin 11 (トーク | 投稿記録)による版 (→‎着任)
ナビゲーションに移動 検索に移動

澤登哲一は第二次世界大戦末期の1945年 (昭和20年) 6月に五中校長として着任、新学制により五中最後の校長となり、新制高校に「小石川」の名をつけてその初代校長となり1958年3月までつとめた第4代校長である。

着任

澤登哲一校長が、都立第五中学校に着任したのは、校舎消失により明化国民学校に"疎開"していた昭和20年6月30日。「友がくれた鉱夫の服を着、巻ゲートル。地下タビ、九中の野球の帽子という姿」[1]であった。それから13年にわたり小石川で過ごすことになった。着任時を振り返りのちに次のような文書を残している。

脚注

テンプレート:脚注ヘルプ テンプレート:Reflist

  1. 澤登哲一(1958) 留別.開拓, 45号 : 18-20