遠藤隆二

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索
遠藤隆二第19代校長

遠藤 隆二(えんどう りゅうじ)は第19代校長。小石川中等教育学校初代校長。

在任中の2006年度に小石川中等教育学校が開校。小石川高等学校から小石川中等教育学校への移行期間にあたり、両校が併設されたため遠藤は両校の校長をつとめている。平成19年3月退職。

エピソード

  • 紫友同窓会会報34号のインタビューにて、ホームルーム合宿を始めたとの記載がある。「ホームルーム合宿というのを、今年の5月6日から8日まで、二泊三日でやりました。一年生を連れて行ったんです。同じ釜の飯を食って、寝食を共にして一緒に生活をして、これから六年間を過ごす小石川というのはどういう学校なのか、どういう生活をしなければならないかという基本的なことを教えるのがホームルーム合宿です。」また、同窓会に対して、小石川セミナーを例にとり、こう述べている。「やはり精神的なつながりが大事だと思っています。精神的なつながりを支えていくのが小石川セミナーだと思います。優れた同窓生を講師に迎え、話してもらうことによって現役の子供と先輩がつながっていくわけで、様々な先輩からいろんな立場から話をしていただきたいですね。つまり社会とのつながり、学校と先輩の絆を強めたいということです。」[1]


脚注

  1. 紫友同窓会会報34号

関連事項

前任 在任 後任
菅沢茂

2004年度 (平成16年度)

2005年度 (平成17年度)

2006年度 (平成18年度)

栗原卯田子