加藤道理

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索
加藤道理第11代校長

加藤 道理(かとう みちただ)は、東京都立小石川高等学校校長(第11代)

略歴

1925年東京生まれ。1950年東京大学文学部中国哲学科卒業。東京都立高校の国語科教諭として奉職、都立高校校長を3校歴任、全国高等学校長協会会長。都立高校定年後、桜美林大学中国語中国文学科教授。桜美林大学名誉教授。(財)湯島聖堂斯文会・漢字文化振興会常務理事。[1]

昭和18年 第一東京市立中学卒

昭和22年 浦和高文科甲類卒

昭和25年 東京大文学部中国哲学科卒

昭和25年 足立高教諭

昭和31年 小石川高定時制教諭

昭和36年 上野高教諭

昭和44年 三田高教頭

昭和48年 足立西高校長

昭和54年 江戸川高校長

昭和57年 小石川高校長[2]

エピソード

紫友同窓会報No.10にて、「今の高校に大きく欠落している文化活動への志向が根づいていること、それが自主・自立の精神によっている点は本当に立派」と述べた。 昭和57年の「創作121号」にて生徒に望むこととして、こう記している。 「自分の人生について考察してほしい。目標を持ち、それに向けて生活してください。単なる受験勉強、遊びムードに流されることなく、いかに生きるべきか考えてほしいと思います。」[2]

関連項目

前任 在任 後任
塚田義房

1982年度 (昭和57年度)

1983年度 (昭和58年度)

1984年度 (昭和59年度)

1985年度 (昭和60年度)

馬場信房

脚注

  1. 明治書院ホームページ http://www.meijishoin.co.jp/author/a47746.html より
  2. 2.0 2.1 「創作121号」より