サッカー部

提供: 五中・小石川デジタルアーカイブ
移動: 案内検索

サッカー部は、1924年 (大正13年) に発足したクラブ活動。

発足

歴史を伝える記事

1922年に国語科漢文担当教員として着任した大杉謹一はサッカーで権威ある極東大会に出場した選手でもあったことから熱心に生徒にサッカーを勧めた。新聞「創作」66号昭和40年11月18日発行によると大杉は45分の授業時間のうち15分ほどをサッカーにあてるほどだったという。

1924年3月に大杉は五中を去ったが、生徒の中でサッカー熱が高まりその年に創立以来7つめのクラブとして発足した。

記念誌

1934年 (昭和9年) に蹴球部誕生10周年記念『紫躒会(しらくかい)』を、昭和48年12月25日には50年を記念して『誕生五十年』を発行している。

卒業生

のちに日本サッカー協会理事を務めた岡野俊一郎(02C)もサッカー部出身であり、サッカー部発足から50年を記念して発行された部誌誕生五十年に「天才が5人いたら」という文章を寄稿している。